沿革

慶応元(1865)年吉田藤兵衛 吉田商店を創業。
食用油(菜種油、胡麻油、白絞油など)、油脂の製造ならびに販売を営む。
灯芯用油、石鹸、蝋燭、クレオソート、コールタール等製造販売する。
昭和8(1933)年長野市新田町に信越地方初の地下槽付ガソリンスタンド昭和通り給油所を建設。
昭和18(1943)年吉田商店を株式会社吉田商店とする。
昭和27(1952)年出光興産株式会社と特約店契約を結ぶ。
昭和30(1955)年株式会社吉田商店を株式会社長野アポロ商会に改組。
昭和49(1974)年第1回通産省エネルギー庁長官賞受賞。
昭和51(1976)年長野市にケンタッキーフライドチキン1号店を開店。
昭和52(1977)年長野市民間車検工場オートメカニックセンター開設。
平成7(1995)年社名を吉田興産株式会社に改称。
第22回通産省資源エネルギー庁長官賞受賞。
ピザハット長野店開店。
平成10(1998)年出光興産がオリンピック長野冬季競技大会において、オフィシャルサプライヤーとなり弊社がその直接納品担当業者となる。
長野パラリンピック冬季競技大会スポンサーとなる。
吉田興産からフード部門を分離し、アポロフードサービス(株)を創業。
平成17(2005)年石油事業とフード事業を統合し、新しい吉田興産としてスタートする。
平成25(2013)年本社若里に移転